リビングニーズ特約とは何か 生命保険などの保険の特約の1つとして条項に設けられる事が多いのが、リビングニーズ特約です。 このリビングニーズ特約は、保険の契約対象である被保険者が、余命数ヶ月と申告をされた場合などに、本人が亡くなる前に死亡保険を前倒しで受け取れる特約になります。 これにより亡くなってから受け取るのでは無く、受け取ったお金を使って十分な治療を受けられるようになる事を始め、悔いの無い人[...]続きを読む
保険金を一時金として受け取る場合 保険金を一時金として受け取ることも可能ですが、一時金として受け取る場合、一括での支払い分に比べると支払われる金額が下がってしまいます。 これは支払っていない分に対して保険会社の運用益が出ないため、その分支払額から引かれてしまうことが原因です。 収入保障保険の死亡保険金は、契約の状態によって課税される税金が異なる点も注意をしておかなければいけません。 相続税や贈与[...]続きを読む
30代の保険加入者は多い 30代に突入をしてから保険加入をする方は多いですが、その理由として、ライフスタイルが変動しやすい年代ということがあります。 仕事での昇進や転職をはじめ、プライベートでの結婚や出産、早ければマイホーム購入をする方も増える年代です。 30代ではこのように人生における転機が訪れやすい年代とされているからこそ、万が一のことを考えて保険に加入しておくと言う方が増える傾向にあります。[...]続きを読む
20代から保険のことを考える 20代のうちは保険の事なんて考えても居ないという方も少なくありません。 若く健康で、日々の生活に不安を感じていない方が多いからです。 ですが、年を重ねるごとに人々が話をするのが、20代のうちから保険についてもっと考えておくべきだったということ。 ある程度の年令になってから保険加入をする方も多いですが、もっと若いうちから保険に加入しておけば良かったと後悔している方も多[...]続きを読む
しっかりと話を聞きたいなら保険会社の営業へ 保険を見直したいときに、とりあえずどんな商品があるのか話を聞きたいなら、今加入している保険会社の営業に相談してみると良いでしょう。 保険を見直すタイミングとしてあげられるのは、結婚や妊娠出産、定年などのタイミングがあります。 この人生における転機のタイミングで、今加入している保険が本当に自分にとってベストなのか考え直すためにも、営業に色々と話を聞いてみる[...]続きを読む