1. >
  2. >
  3. 保険金を年金として受け取る方法

保険金を一時金として受け取る場合

保険金を一時金として受け取ることも可能ですが、一時金として受け取る場合、一括での支払い分に比べると支払われる金額が下がってしまいます。
これは支払っていない分に対して保険会社の運用益が出ないため、その分支払額から引かれてしまうことが原因です。

収入保障保険の死亡保険金は、契約の状態によって課税される税金が異なる点も注意をしておかなければいけません。
相続税や贈与税、所得税や住民税など、契約者と受取人の関係性によって支払う税金が異なります。
特に一時金の場合は受け取った内容によって、一時所得の計算方法が異なってきますので気を付けましょう。

保険金は年金として受け取る事も可能

そんな保険金ですが、一時金としてだけではなく年金として受け取る事も出来るようになっています。
年金形式で受け取る場合は一時金として受け取るよりも少しバックが高くなりますので、出来るだけお得に保険金をもらいたいという方にはおすすめです。

この場合毎月の年金と合わせて別途保険金が支払われることとなりますので、定年後、働かざるとも得られる分が増えます。
ただし、死亡保険金の場合は相続税が課せられる部分と所得税が課せられる部分の2種類に分けられますので、申告の際には漏れが内容にきちんと収入額を把握しておく必要があるでしょう。

見直しはお早めに

保険金として受け取れる年金保険はいくつかありますが、高利率な保険もあれば低利率な保険もありますので、加入の際には注意が必要です。
あまりにも低利率の場合、保険として加入するのでは無く自分で貯蓄しておいた方が良かったと後悔するケースもあります。

また、年金として受け取る場合は受け取り開始の1年前までに見直しをする事が大切です。
受け取り方法などを確認するタイミングで見直しをしておかないと、年金の受給をすることで不利な内容に働いている可能性もあります。
見直しをすることでお得に受給できるケースもありますので、まずは気軽に見直しをしてみましょう。