1. >
  2. >
  3. 旅行先での怪我や入院を補償『海外旅行保険』

海外旅行保険とは

趣味で頻繁に海外旅行に行かれる方も多いかと思いますが、海外旅行をする前には海外旅行保険に加入しておくことが大切です。
海外旅行保険は、旅行中にトラブルに巻き込まれてしまった際に、様々なトラブルの補償をしてもらえる保険になります。

例えば、旅行先でケガをしてしまったときの治療費、荷物を盗まれたときなどの損害補償など、旅行先で起きてしまったあらゆるトラブルに対応可能です。
トラブルの内容によっては非常に高額な損害が発生することになりますので、万が一の時の事を考えて保険に加入しておくべきでしょう。

海外旅行保険の具体的な内容

海外旅行保険のタイプによっても異なりますが、実に様々なトラブルに対応した保険が多いのが特徴です。
その中の1つが、ケガや病気の保障になります。

旅行先で病院に行くようなケガや病気をした場合、また、後遺症が残るような事態に陥ったり、死亡するような事態に陥った場合、保険金が支払われる事が特徴です。
入院一時金として、一定期間入院していた場合に支払われる保証金もありますので、補償範囲が広い保険を選ぶと良いでしょう。

本人がケガをしたときだけでは無く、他の人や物を誤って傷つけてしまった場合に発生する賠償責任補償もあります。
また、旅先でケアをして入院した際などに、日本から家族を呼び寄せた場合は、その分の交通費やホテル代なども救援者費用として保険で賄われるでしょう。

更に、飛行機の到着が遅れたため食事代や宿泊代がかかった、戦争やテロで旅行に行けなくなってしまった、手荷物の到着が遅れたせいで身の回りの品を現地調達せざるを得なくなった場合など、こちらも補償の対象となります。
もちろん保険の内容によっても異なりますので、こちらも保険プランをチェックしておくことが大切です。

中でも疾病治療費用に関する補償の適用が海外旅行では非常に多く、体調不良などが海外で起きる事は珍しくありません。
手術などの処置を受けるとなるとより一層お金がかかりますので、こうした保険に加入をしておくことで、万が一の際に家族も安心できます。
治療や手術などの内容によっては数百万円以上かかることも珍しくありませんので、こうした保険に入っておくと負担を減らせます。