1. >
  2. >
  3. 女性特有の病気に手厚い補償がある『女性保険』

女性必見!女性保険に加入すると安心

女性疾病をはじめ、女性特有の病気を発症するリスクという物は高く、発症後適切な治療を行わないと死に至る病もあります。
治療を受けたいけれどお金が無くて受けられないというような事態を防ぐためにも、健康なうちに加入をしておきたいのが女性保険です。

女性保険は医療契約としてはもちろん、その名の通り女性にまつわる様々な病気、女性疾病に関する特約に優れた保険内容な点が特徴です。
子宮頸がんや乳がんなどの女性特有の病気に関して手厚いサポートをしてくれますので、何かあったときにも医療費や治療費の負担を減らすことが出来ます。

通常の保険と比べると、例えば乳がんの場合、通常の医療保険では日額1万円補償が平均な所、女性保険の場合は日額1万5千円が平均の補償額です。
女性特有の病気では無い普通の病気に関しては、通常の医療保険と同程度の日額補償となりますが、特に損は無いと言えるでしょう。

ボーナスもあってお得

女性疾病に関して様々な特約のある女性保険では、万が一女性疾病になった際の保障内容が手厚いだけでは無く、妊娠や出産時などの補償、月経不順なども対象となります。
更に、胆のう炎などの男女ともに発生する病気でも、女性の方が発症率が高い病気に関しても補償対象として含まれるプランもありますので、保障内容を比較してみると良いでしょう。

また保険のプランによっては、定期的に生存給付金としてボーナスが支払われるものや、入院や病気をしなかったときのお祝い金が支払われるタイプもあります。
ちょっとしたボーナスとして、自分へのご褒美として支払われるお金ですので、健康の不安を払拭しながら日々の生活を楽しむことが出来るのです。
また、退院祝いとしての一時金や、万が一の際の死亡保障、先進医療給付金なども含まれている特約もありますので、保険料と比較してみてみると良いでしょう。

妊娠出産前に加入する女性も多い

女性保険は女性に関する病気に対して手厚いサポートを受けられる事はもちろん、妊娠出産時に対するサポートも多い為、このタイミングで加入する女性も少なくありません。
例えば帝王切開で出産をする場合は特に、保険の対象となることから、事前に加入しておくという方も多いでしょう。
入院期間の事も考えると入っておいて損はないと、妊娠直後や出産前に加入しておく女性も少なくありません。

女性疾病以外でも、こうした女性ならではの体験時に女性保険は適しています。
手厚いサポートを受けられる事はもちろん、お金に対しての負担を減らせることも、女性保険に人気が出ているポイントと言えるでしょう。