1. >
  2. >
  3. 事故が起きた時の修理費・賠償金を補償『自動車保険』

自動車保険の概要

生活する上で毎日乗車している方も多い自動車ですが、乗る頻度が高い方ほど、自動車保険には加入しておいた方が安心です。
自動車保険は自動車にまつわる様々な保険のことで、自賠責保険等のように加入が義務づけられているタイプもあれば、車両保険のように加入は自分の意志で出来るタイプの保険もあります。

自賠責保険の場合は、対物補償や対人賠償など、万が一事故が起きた際に相手に対しての損害を補償してくれるタイプがほとんどで、加入はドライバーの義務であると言えるでしょう。
車両保険の場合は加入は自由ですが、事故などに遭った際に自分の車の修理費などを補填してくれます。
修理が不可能な全損状態の場合もその分の保険金が支払われますので、新しい車を購入することも可能です。

また車両保険の場合事故のみでは無く、自然災害や盗難、いたずらによる傷なども補償してもらえます。
車に対して何らかの被害を被った際に補償してもらえる車ですので、何かあったときの事を考えると早めに加入しておいた方が安心です。

どんな内容を補償する?

自動車保険の種類によっても異なりますが、通常の自賠責保険の場合、交通事故などの事故が起きた際に相手の治療費や慰謝料をはじめ、相手の車などの修理費用も賄えるでしょう。
他にも保健によっては、自分の車や自分の治療費なども賄える物、その他、対物補償なども賄っているものまでありますので、車に乗る上で安心できる保険に加入しておくことが大切です。

また保険によって補償金額が異なることも覚えておきましょう。
同じ車両保険でも全損補償になるか部分補償になるかの判断基準が異なる事もありますので、万が一のことをよく考えて加入しておくことが大切です。

自動車に乗る人は入っておきたい保険

日頃から自動車に乗る方はもちろんの事、自動車にたまに乗る方でも各種自動車保険は加入しておいた方が安心です。
例えば普段は父親や母親だけが車に乗っていて、お子さんが免許を取ったのでたまに乗るようになったという場合など、保険の範囲を拡げてお子さんも補償可能な内容にしておいた方が良いでしょう。
たまに乗る方こそ何らかのトラブルが起きる可能性が高いですので、保険加入をしておいた方が安心です。

同じ保険でも保険によって保障内容が異なります。
ファミリーで車に乗るという場合は、保険料がその分上がってしまいますが、全員賄える分だけ保険に加入しておいた方が良いでしょう。