1. >
  2. >
  3. 子供の進学のための保険『学資保険』

お子さんの将来を考えた学資保険

当然ですが、子供には何かとお金がかかるものです。
生活をする上で必要なお金はもちろんのこと、これから先一番かかるお金と言えば、教育資金になります。

公立私立どちらの学校を選ぶかによっても異なりますが、お子さんが大学を卒業するまでにかかる教育資金は、最低でも1千万円はかかるでしょう。
私立になるとよりお金はかかり、塾や部活動などをするとなると更にプラスで発生します。

それだけお金がかかるからこそ、お子さんに満足な教育環境を整えるためには学資保険の加入がおすすめです。
学資保険は教育資金を効率よく確実に貯められる方法として知られており、お子様に万全な教育を受けさせるためにと加入する親御さんは少なくありません。

学資保険は毎月保険料を支払い、お子さんの進学などの一定のタイミングで給付金が受け取れる保険になります。
保険料よりも受取金額が多くなる保険がほとんどですので、普通に貯蓄をするよりも教育資金を貯めやすいのが魅力です。

学資保険に加入するメリットは

学資保険は支払保険料よりも受け取れる金額が増えるということが魅力ですが、メリットはそれだけではありません。
ほとんどの学資保険には、保険料払込免除の制度が付帯されていることもメリットになります。

保険料払い込み免除とは、万が一親御さんが亡くなってしまったり、事故などで保険料の支払いが困難になってしまった場合、支払いが免除される制度です。
保険料の支払いが免除される物の、もともと受け取れる予定だった祝い金などの各種保険金は予定通り受け取る事が出来ますので、何かあったときも教育資金を確保出来るでしょう。

学資保険はこのように、普通に貯蓄をするよりもお得に、何かあったときにも安心して教育資金を貯められます。
また、学資保険は生命保険料控除の対象にもなりますので、節税効果があるのもメリットです。

お子さんが生まれてすぐに加入がおすすめ

学資保険はお子さんが生まれてすぐ加入をした方が、保険料の支払い負担も減りやすいため良いでしょう。
多くの親御さんが出産後加入をするというケースがほとんどで、お子さん1人1人につき学資保険に加入しているという場合が多いのです。

早い段階で加入をすることで、より多くの教育資金を貯められますので、お子さんの将来の選択肢を増やすことが出来ます。
進学時期などに支払い期間を合わせられますので、ついお金を使ってしまうこともなく安心です。
より確実にお子様の教育資金を貯めたいということであれば、学資保険は非常に適していると言えるでしょう。

もちろん学資保険によってもプラン内容が異なります。
金利の付き方も商品によって全く異なりますので、よりお得に加入できる保険を選ぶと良いでしょう。